折込広告

折込広告

新聞とともにほぼ毎日購読者の手元に、確実に配達される折込広告。 「折込チラシ」という愛称でも生活者に親しまれています。 信頼性の高さはもちろん、配布日・配布エリア・部数等への要望にも柔軟に対応します。
北海道内全ての地域をすみずみまでカバーする北海道新聞のネットワークにより広告主様の様々な販売促進にお応えします。 また全国に広がる折込ネットワークを活かし、日本各地の新聞折込を利用した販売促進をお手伝いします。
※ 弊社では北海道新聞をはじめ日本経済新聞ほか全国紙・各地方紙の折込も承ります。

北海道内の主要各紙販売部数
北海道新聞/朝刊984,876部
読売新聞/朝刊189,637部
朝日新聞/朝刊110,168部
毎日新聞41,522部
日本経済新聞40,572部

※ 上記表の部数データは、日本ABC協会「新聞発行社レポート2018年1~6月」によります。

生活者にとって一番身近な「折込広告」

生活者の買い物には欠かせない「折込広告」

北海道内の生活者に「ふだんよく見たり聴いたりする広告媒体」を聞いたところ「折込広告」が全体の90.0%を占め、他の媒体(TVCM76.2%、新聞68.7%、インターネット39.1%)を大きく上回りました。また年代別では、20代がTVCMに次いで2位、30代・40代・50代・60代以上では全ての年代でふだんよく見る広告媒体として「折込広告」が1位となっており、生活者にとって一番身近で欠かせない情報源となっております。
(道内の北海道新聞購読者850人を対象としたインターネット調査より、2018年1月実施)